6月10日

ケベック州で
同性カップルに
異性カップルと同等の権利を保障

【カナダ】

 
 

 6月7日、カナダのケベック州議会は、法案84号、すなわち、同性カップルにも異性カップルと同等の法的権利を保障する法案を可決した。7月から施行される予定。

 同性カップルに保障される関係は、「結婚」ではなく、アメリカ・バーモント州と同様に「シビル・ユニオン」(市民の結合)と呼ばれるが、異性同士の「結婚」したカップルと、ほぼ同等の権利を得られる。保険・税制・離別・相続など一般的な権利はもちろん、養子や人工授精などにより、カップルで子どもを持つこともできる。異なるのは、異性同士が16歳以上で「結婚」できるのに対し、「シビル・ユニオン」を結べる年齢が、18歳以上と規定されていることくらい。

 当地のレズビアン/ゲイたちは「歴史的決定」と喜んでいる。カナダでこうした法案が通ったのは、ノバスコシア州に続き2州目だが、他の州と違って、カトリックの影響が強く保守的といわれていた州での可決に注目が集まっている。

 

すこたんソーシャルサービス HOME