英国国防大臣は、イラク戦争に従事している
英国のレズビアン/ゲイの兵士が戦争で死んだとき、
そのパートナーに戦争恩給を受け取る資格を与えると発表
(英米国における軍隊内の同性愛者の保障および処遇の相違)

by ウエハラ ショウタ

 
 

 英国国防大臣(以下MoD)は、3月21日、イラク戦争に従事している英国のレズビアン/ゲイの兵士が戦争で死んだとき、そのパートナーに戦争恩給を受け取る資格を与えると発表した。現行法の下では、法律で認められたパートナー(つまり、異性同士の結婚)の保障しか認められていないのである。MoDが発表した内容としては以下のようなことである。

 未婚の異性愛者のパートナーにも当てはまるのだが、結婚はしていなくとも、「お互いにとって重要である存在」であれば基準は満たされる。この「重要である存在」というものを決定するためにいくつかの審査事項がある。

・二人の経済的な相互依存度
・子ども(養子)
・二人に課せられている借金や担保などの義務
・恩給の受取人が遺言で一番に指名されているか
・公的な配偶者はいないか

 以上のようなものである。もちろん、受給資格としてすべてを満たす必要はない。これは過去の慣習からの新たな出発なのである。このように未婚のパートナーに保障が与えられるようになった背景としては、シエラレオーネで、特殊空挺部隊で従事していたパートナーを亡くしたが、MoDが恩給の支払いを拒んでいたという有名なケースによるものである。結局、政府は臨時に女性のパートナーにと25万ユーロを恩給として支払ったのである。しかし、この臨時の恩給支給は今までの陸軍のための恩給や保証についての広い吟味による結論を無駄にしたのであったが、また同時に大臣たちに、戦争での犠牲者についての支援の考慮を促すものでもあったろう。副大臣は「政府は、現行法で恩給給付を受けられない未婚者のパートナーたちが存在する、という問題の重要性を認識している。そして、私たちは、戦争でこのような危機が起こりうるこの時期がこれらを扱うに妥当であると結論を出した」と議会声明文で伝えている。しかし、イラク戦争以前に戦争で命を落とした軍人たちには適用されないようだ。

 一方、米国ではどうだろうか。上記に記したような恩給というものはないようだ。米国では、軍の保険の受取人は誰でも指定できる。しかし、受取人を、同性の配偶者もしくはパートナーと表記してはいけないのである。また、同性のパートナーは配偶者保険を受け取ることはできないのである。また、ゲイの軍人は軍部に、彼のパートナーに安否を報告するように指示することはできるが、しかし、パートナーを「パートナー」とはリストアップできないのである。当たり障りのない関係としなくてはいけないのだ。

 というのは、米軍の体制の中では、クリントン大統領が提唱した「Don't ask, don't tell, don't pursue」(「訊かない、言わない、追及しない」)ポリシーというものがあるからである。これは、性的指向は問わないという、同性愛者寄りの提唱であるように思えるが、これは、同性愛を認めているわけではなく、また、同性愛者ということが知られてしまい左遷されてしまったという事件もあり、まだまだ自分が同性愛者であるということをひた隠しにしなければいけないということも示している。同性愛者ということによって左遷されるということは不当ではあり、当然、上の事件は左遷された原告は勝訴したが、これから社会の中で差別され続けるということを考えると、まだまだ開けていない世界なのである。これが本当の勝訴なのかというと疑わしい。

 自分の性的指向を明かせないということは、戦争に行く同性愛者は、暗闇に閉じ込められたままのようなものである。異性愛者は、恋人からの手紙を喜び仲間に見せびらかしているのを尻目に、同性愛者は戦地から手紙を書くときは、仲のいい親友を装わなければいけないのだ。しばしば手紙は検閲される可能性があるため、同性愛者ということを知られてしまう可能性もあるのだ。そうすると周りから痛い目にあってしまうのだ。

 という風に米国は軍隊の中に同性愛者がいることを認めていない一方で、EU諸国やカナダは軍の中に何の規制もない。特にカナダは、数年前に軍の恩給に、同性愛者の配偶者も含めているのだ。ブッシュ大統領は同性愛者嫌いで有名である。米国軍隊における同性愛者の解放もまだまだ先の話なのだろうか?

翻訳&記事の解説:ウエハラ ショウタ
(ウエハラ ショウタ:東京在住/翻訳スタッフ)

※元記事はこちら
British Military To Cover GLBT Families Affected By War
US Military Spouses Ignored (365Gay.com 2003/03/21)
http://365gay.com/NewsContent/032103ukMilBenefits.htm
Same-sex partners of UK servicepeople will qualify for war pensions (Gay.com UK 2003/03/21)
http://uk.gay.com/headlines/4009

※情報はYさんからいただきました。ありがとうございました。

 

すこたんソーシャルサービス HOME