レズビアンシンガーのジャニス・イアンさんが結婚

by ワタル

 
 

 グラミー賞受賞のシンガーソングライター、ジャニス・イアンさんが8月27日に長年のパートナーであるパトリシア・スナイダーさんとトロントで結婚した。

 オンタリオ州では、同性間の婚姻が今夏始めに合法になっている。

 イアンさんはグラミー賞受賞曲「17才の頃(At Seventeen)」で知られる歌手。ニューヨークシティー、ジャニス・エディ・フィンクに生まれ、14歳のときに最初のヒット曲である「ソサエティーズ・チャイルド(Society’s Child)」を書いた。この物議をかもした人種間の愛のサーガは、1967年のアメリカポップチャート14位のヒットとなった。そして1975年にミリオンセラーとなったグラミー賞受賞のシングル「17才の頃」で再び脚光を浴びた。

 イアンは、現在10月にリリースされるライブCDセットと、2004年始めに出るスタジオアルバムの製作を行っている。

 スナイダーさんは、ふたりが住むナッシュビルの弁護士で、ふたりは14年間交際を続けている。

 トロント市のウェディングチャペルで行われたセレモニーには、2人の親友らが出席した。

 イアンの広報担当者によるとハネムーンの予定はないそうだが、イアンさんのサイトによると、彼女とスナイダーさんはトロントのホテルでハネムーンを過ごし、同市で28日から始まる、Torcon III、毎年恒例のワールドコン・サイエンス・フィクション・コンベンション、に参加するとのこと。(こちらををクリックすると、上記サイト内にある、ふたりの笑顔に満ちた写真が見られます!)

 ジャニス・イアンは、1970年代に、日本でもかなりの人気を得たシンガーで、80年代は活動が停滞していたが、90年代から再び精力的にアルバムを発表している。日本では「17才の頃」「ラブ・イズ・ブラインド」「ウィル・ユー・ダンス?」などが大ヒットしていて、最近でも彼女の曲は、CMソングに使われたり、椎名林檎がカバーしたりしている(こちらのサイトを参照してください)。

翻訳&記事の解説:ワタル
(ワタル:埼玉県在住/翻訳スタッフ)

 

すこたんソーシャルサービス HOME