オーストラリア・タスマニア州で
同性カップルの権利を認める法律が施行

by 井出

 
 

 オーストラリアのタスマニア州で、同性カップルに権利を与える法律が1月1日に施行され、同性カップルが自分たちの関係を正式に登録できるようになった。

 その法律はオーストラリアで他に類をみない全く新しい法律で、同性カップルに結婚をした異性カップルとほぼ同等の権利を与える。

 ザ・エイジ紙(The Age)は、その新しい法律下では、「重要で思いやりのある」関係性の存在が認められ、条文中にも「夫」や「妻」といった男女を区別する表現が使われず、「パートナー」という言葉が使われていると報道した。

 「この動向は、州政府のゲイやレズビアンの市民に対する寛容度が一気に増したという事を意味する。同性愛者に対して差別的な法律から、同性愛者を受け入れる法律へと移行したのだ」

 タスマニア州ゲイ&レズビアン人権グループ(Tasmanian Gay and Lesbian Rights Group)のロドニー・クローム氏はこのように述べ、州政府の態度を高く評価した上で、「5年前の州法では同性間の性行為は罪とされ、最大21年の懲役刑が課せられた」と付け加えた。

翻訳&記事の解説:井出
(井出:神奈川県在住/翻訳スタッフ)

 

すこたんソーシャルサービス HOME