フランシス・コンランさんと「すこたん企画」

 私たち「すこたん企画」、と言っても10年近く前のことになるので、正確には伊藤悟と簗瀬竜太にとって、フランシス・コンランさんは、まさに「忘れ得ぬ人」と呼ぶのがふさわしい数少ない方の一人になります。

 私たち伊藤&簗瀬は、「すこたん企画」の創設に前後して、太郎次郎社から、『男ふたり暮らし』(1993年)『男と男の恋愛ノート』(1994年)という2冊の本を出版します。「すこたん企画」創設までのライフヒストリーに始まり、変化していく(今はさらに変わっている)伊藤と簗瀬の関係性の変化を、きわめてリアルにつづったものです。
 フランシス・コンランさんは、長く日本に関心を持ち、日本滞在も長く、日本語は日本人以上に上手で、何かのきっかけでこの2冊の本を手にしたものと思われます。オーストラリアのパースから、この本の感想が届いた時、私たちは、感激しました。そこには、私たちへの深い理解と、優しい共感と、力強いエールがあふれていました。

 コンランさんとの交流が始まりました。コンランさんは、オーストラリアのLGシーンの情報をたくさん送ってきてくれました。しかし、翻訳ボランティアもいなかった当時、私たちは「すこたん企画」の維持だけでも大変で、その情報をなかなか活かし切れませんでした。この点は心残りです。でも、それを詫びるといつもコンランさんは、「時間のある時に読んで参考にしていただければそれでいいんです」と、温かい言葉を返してくれました。
 コンランさんは、オーストラリアの大学で日本語を教えていましたが、新しく近隣の大学とともに日本語の教材を作る時、LGがカミングアウトしずらい日本の厳しい状況を、それに加えてくれました。私たちのことが書かれた新聞記事が基調でした。オーストラリアで私たちのことを教材にして日本語を勉強してくれているなんて、こんなにうれしいことはありませんでした。

 そして、私たちは、コンランさんから、すごい申し出を受けます。『男ふたり暮らし』と『男と男の恋愛ノート』を英語に訳してオーストラリアを始めとする英語圏で紹介したい、というのです。それも翻訳料を全く受け取らない、コンランさんの自費出版という形です。あまりに悪い、と思いつつも、コンランさんの熱意におされて、私たちはOKしました。
 コンランさんは、仕事の合間に翻訳を始め、わからないところはメールで私たちとやり取りをして、出版社を見つけ、着実に出版への道を進んでいきました。この間のコンランさんとの作業は、とっても楽しかったことを覚えています。伊藤や簗瀬のことを本より詳しく伝えて理解してもらったり、コンランさんの鋭い質問にハッとしたり、日本語と英語の表現方法の違いを知ったり、収穫もたくさんありました。
 そして、『男ふたり暮らし』と『男と男の恋愛ノート』の2冊を1冊にまとめた、“Coming Out in Japan”はオーストラリアのメルボルンにあるTrans Pacific Press から、2001年1月に発行されました。オーストラリアでゲイであることをカミングアウトして、上院議員をしている Brian Greig さんと、市長をしている John Hyde さんからの「序文」も付けられていて、とても光栄でした。

 コンランさんとは、日本にいらっしゃった時に、3回ほどお会いしてお話をしました。もう全身から温かさと優しさがにじみ出る方で、初対面でも不思議と安心して話せてしまう素敵な方でした。ご自身の悩みに満ちた思春期や波乱もあった人生の中で鍛えられた方ならではの、穏やかな雰囲気を持ち、さらに内に秘めたエネルギーをも感じさせる行動力抜群の方でした。ちょうど以前の「すこたん企画」事務所(つまり伊藤の自宅)まで来ていただいた時には、迎えも辞退されて、ドアをノックしていただいたのですが、その心遣いには本当に感激しました。何しろ、天候が激しい雪に変わっていた時でしたから、強烈な印象として残っています。

 最後にお会いしたのは、2003年の年の暮れ、パートナーのシューレンさんとともに、オーストラリアの中高生を日本に引率して来られた時でした。元気で、時間がない中、これからも交流していこうと、たくさんたくさん話を濃厚にしました。シューレンさんへの気遣いもすばらしく、おふたりがいい関係を保っていることがわかりました。
 私たちは、コンランさんに誘われていたオーストラリア行きを果たせないままに、最高の友人を失ってしまいました。しかし、あのコンランさんの想いをしっかりと心に刻み、コンランさんのような一人ひとりの個性を尊重し切る人間観を継承し、私たちの活動、そして私たちの残りの人生に行かしていきたいと切に思います。

 コンランさん、翻訳ばかりでなく、私たちの心に響くプレゼントをたくさんあなたにいただきました。本当にありがとうございました。

すこたん企画 伊藤 悟+簗瀬 竜太

コンランさん追悼ページTOP HOME