米国ゴールデン・グローブ賞で同性愛を描いた
「ブロークバック・マウンテン」が4部門受賞
[速報]

 米国ロサンゼルスで、第63回ゴールデン・グローブ賞授賞式が開かれ、7部門でノミネートされていた「ブロークバック・マウンテン」がドラマ部門作品賞を始めとして、監督賞(アン・リー)、脚本賞、最優秀オリジナルソング賞の計4冠を獲得した。

 60年代の米中西部を舞台にカウボーイの同性愛を描いた作品で、保守性の強いユタ州で上映禁止になるなど物議をかもした。

 ゴールデン・グローブ賞はアカデミー賞の前哨戦となるもので、アカデミー賞の歴史で、同性愛を描いた作品が作品賞を取ったことはなく、結果が注目される。

 アン・リー監督はバックステージで「地域や場所を類別したり類型化したりすることはできない。人々は恋に落ちる。言いたいことはそれだけだ」としたうえで、「これは普遍的な物語であり、ラブストーリーを作りたかっただけなんだ」と述べた。

 詳しくはこちらをご覧下さい。

 

記事のまとめ:伊藤

 

すこたんソーシャルサービス HOME